中野と対話レポート

【参加報告】「中野らしさ」を/1万人アリーナは不要/駅前に広場を。2018/12/12「区役所・サンプラザ地区再整備推進区民会議」

この記事を書いたのは
区民の声・中野
区民の声・中野
「安心して子育てできる、ずっと住み続けられる中野」を目指し、2018年6月の区長選挙を前に「区政を変えたい」と願う区民で結成した政治団体です。酒井直人区長と締結した政策協定の内容実現に向け、「区長の通信簿」などの案もあっため中。現在の会員は200名ほど。あなたも会員になりませんか?

本日(12/12)開催された「区役所・サンプラザ地区再整備推進区民会議」は前回のグループワークの報告でしたが、4つの班すべてに共通する意見が3点ありました。

(1)「中野らしさ」をコンセプトに

 これは、前・田中区政の「グローバル化」を掲げた開発コンセプトを全否定するもので、「区民が使いやすく集える」「誰も置き去りにしない(障がい者、外国人など)」という意味での「中野らしさ」を求めています。同時に、「現在の中野サンプラザのDNAをしっかりし残してほしい」という意味も込められています。

(2)1万人アリーナは不要。2000~3000人の多機能ホールを

機能面では、これが共通意見でした。「区民が使える小ホール」「美術館」という意見もありました。

(3)駅前に広場を

交通広場というロータリーだけでなく、「イベントができて区民が集える広場を」という意見です。交通広場の上にデッキ型の広場といったイメージかと思います。

各班の具体的な発表書式の写真を撮らせていただいたので、紹介します。

区民会議参加の委員の皆さんが区民目線の意見を持ち発言していただいたことに驚きと安心を感じました。

今後は、これらの意見を受け止め、区が作っていく計画が課題の焦点になります。

次回「区役所・サンプラザ地区再整備推進区民会議」は、2月8日の午前に開催されるそうです。

この記事を書いたのは
区民の声・中野
区民の声・中野
「安心して子育てできる、ずっと住み続けられる中野」を目指し、2018年6月の区長選挙を前に「区政を変えたい」と願う区民で結成した政治団体です。酒井直人区長と締結した政策協定の内容実現に向け、「区長の通信簿」などの案もあっため中。現在の会員は200名ほど。あなたも会員になりませんか?

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA